2017ホンダシビックVTiセダンレビュー

2017ホンダシビックVTiセダンレビュー – それは中からハードスロットルの下でまともに回転数を開発し、そしてラインからかなり急速に逃げます。 CVT車もまた非常にスマートです:それはあなたが少しより硬いものを所有しているときに選択し、そしてその反応を適切に変更します、スポーツオーバーライドモードはそれを撤退することをこれまで以上に興奮させます。運転手が制御するためのハンドブックモードもパドルシフターもありません。

ホンダHR-V VTi-L 2017レビュー

Honda HR-V VTi-L 2017レビュー – エコモードがまだ作動している状態で、実際に700km走行した後、私達は私達の私道に入り、典型的な走行距離と7.7L / 100kmを調べました。うーん。たぶんそれは街中でずっとうまくいくでしょう。戻ってきた道のりは、もう少しイベントが多いものでした。それは不安だったか、決して怖いことはありませんでしたが、これらが高速道路のようにあまりにも多く、そして高い体が風を捕らえるようなタイヤではないことは明らかです。

ホンダオデッセイVTi-L 2017レビュー

ホンダオデッセイVTi-L 2017レビュー – 2番目のタラゴが登場したとき、それは2001年にオベリスクの周りに不思議に集まっているサルのようなものでした:エリアオデッセイ。ホンダオデッセイは驚異的にそれで開いている類人猿を持っていないかもしれません、しかし今その第五世代で、それはそこにぶら下がっています。 ホイール・オブ・ザ・イヤーの華麗なる日々は、その背後にあるかもしれませんが、オデッセイはその本質的なコンセプトを実際に活かし続けています – それを望んでいない個人のためのものです

2017ホンダCR-V駆動

2017 Honda CR-V Driven – ホンダは、1996年に導入されたCR-Vを実際に数百万台製造し、世界中に提供してきました。困難な時代でさえ、CR-Vは販売台数の点でホンダの多くのゴートゥデザインの1つであり続けました。 ホンダは間違いなく成功するためにCR – Vが必要です。 2011年のシビックと2012年の突然の再設計を繰り返すことはできません。ホンダはそれほど心配しないと思いますが、下記の備考であなたの考えを真新しいCR-Vに任せることを躊躇しないでください。 ] 2017年ホンダCR-V駆動型 "border =" 0 "height =" 368 "src =" https://3.bp.blogspot.com/-DyuA3VRxjlY/WLOHNgWZG9I/AAAAAAAACQw/cIpjLTKTuM0VPan2ah1raIAu_s5Zgpc6/640/6406/6/6/2006/6/6/6/2006/6/2006/6/6/6/2008/tml/tml.html "2017ホンダCR-V駆動"の幅= "640" /> 2017 Honda CR-V Driven ホンダは今年、第5世代のCR-Vを発表します。これは、まったく新しいスタイルの言語、まったく新しいシャーシ、まったく新しいインテリア、そしてまったく新しい1.5リットルの4気筒をもたらします。気筒ターボエンジン。ホンダは真新しいCR – Vがブートするために、クラスをリードする二列目の足元を持っていると述べる。 CR-Vの貨物スペースは2列目のベンチシートを平らに折りたたんだ状態で75.8立方フィートという優れたスペースを提供しています 2017 Honda CR-V Outside VはトヨタRAV4です。 RAV4は実際には1990年代半ばから2012年にその最後の世代交代を経て出回っています。2016年のミッドサイクルリフレッシュは、すぐに利用可能なハイブリッドパワートレインに加えて、2列クロスオーバーに真新しい命と分極マグをもたらしました

2018年ホンダオデッセイリデザイン

2018年ホンダオデッセイリデザイン – 第一世代のデザインは、私たちが今日理解しているデザインよりもはるかに小さいサイズでした。その設計はホンダが米国に拠点を置く生産センターを開発するのに十分な長さだけ続いた、そしてオデッセイは実際にそれを考慮してずっと良くなっている。 2018年に向けて、ホンダはLED照明、強力な後部ドア、および実際には過去において論議の的となっていた「避雷針」ベルトラインの進歩による積極的な屋外スタイリングからなる第5世代デザインを発表しています。

4本のドアと中位の香辛料レベルの2017 Honda Civic Si Sedan

2017 Honda Civic Si Sedan 4ドア – Hondaの10代目Civicの中級スパイシーSiバリエーション。基本的な174馬力のセダンと野生の300プラスhpタイプRのホットハッチの間に入ります。それはセダンとしてもクーペとしても使用されるでしょう。後者は昨年秋に明らかにされたシビックSiモデルによってプレビューされた。

2019年ホンダアコードクーペ仕様レビュー

2019年のホンダアコードクーペ仕様レビュー – 日本の自動車メーカーは実際に2019年のホンダアコードの一番最初のテストを実行しました。この設計はそのライフサイクルを通してあります。現時点では、中型セダンの10代目は実際に旅行をするのに信じられないほど安全で安全な家庭用自動車のように実際に示されています。

2018年ホンダクラリティエレクトリックとプラグインハイブリッド:Elec-Trifecta

2018 Honda Clarity ElectricとPlug-in Hybrid:Elec-Trifecta – Clarityバッジを使用する最初のHondaは、米国でのアクセスがカリフォルニア州で厳選された借り手に限定された燃料電池専用自動車だった。今では、そのFCX Clarityが廃止されてから約4年後、Big Hは実際にまったく新しいバリエーションをリリースしました。そして、Clarityという名前は現在、エネルギーを与えられたセダンの完全なラインを説明します。燃料電池のバリエーションはSoCalセットに限られています、しかし2018年のClarity Electricは同様にオレゴンで提供されます、一方Clarityプラグインハイブリッドは海から輝く海までアメリカ人に提供されます。

2017ホンダシビックタイプRセットFWDレビュー

2017年ホンダシビックタイプRがFWDレビューを発表 – ハイテク市場の超高速開発のように、ベスト、最速、または最速の自動車向けの自動車市場のタイトルは一般的に短命ですが目立ちます。単にフォルクスワーゲンゴルフGTI Clubsport Sに尋ねてください。ニュルブルクリンクを周回する最速の前輪駆動の量産車とトラックとしてのその記録は、実際にはそれが昨年10月に設定されたちょうど数ヶ月後に、2017ホンダシビックタイプRによって単に潰されました。